ビオリエ

  • ホーム
  • コラム
  • 3種の食物繊維が腸の奥まで届く「バーリーマックス®」

コラム

3種の食物繊維が腸の奥まで届く「バーリーマックス®」

  • 食物繊維

腸活には「大腸に届く成分」が重要

私たちが食事をすると、胃で分解され、小腸で栄養分が吸収されます。しかし、小腸で吸収されず、大腸まで届く成分があるのです。
実は、この「大腸まで届く」ということが、腸内フローラをと整えるためには、とても重要ということをご存知でしょうか?

バーリーマックスは大麦なので、他の食品と同じように胃で分解され、小腸で栄養分が吸収されますが、バーリーマックスには、大腸まで届く成分が多く含まれています。

大腸に届いた成分の一部は、大腸にいる腸内細菌のエサになります。腸内細菌が元気に活動するかどうか?はこのエサにかかわってきますね。
つまり、どのような成分が大腸に届くかは、腸内環境に大きな影響を与えるということがお分かりいただけるでしょう。

 

発酵速度が異なる3種類の成分

バーリーマックスには、大腸まで届く成分が多く含まれています。
中でも、フルクタンβ-グルカンレジスタントスターチという成分は、腸内細菌のエサになる、とても重要な働きをします。バーリーマックスには、100g当り、フルクタン約9g、β-グルカン約6g、レジスタントスターチ約3g含まれています)。
*:バーリーマックス乾燥重量当たり

バーリーマックスを食べるだけで、腸活に必要な成分が3種類もが取れるというのは、何かお得な気がしませんか。

 

  • フルクタン:玉ねぎやゴボウにも含まれている食物繊維
  • β-グルカン:穀物やキノコなどに含まれる食物繊維。野菜などからは摂ることが難しい水溶性の食物繊維。
  • レジスタントスターチ:発酵される時間が長い食物繊維で別名は難消化性でんぷん。食物繊維と同じ働きをすることから、「第3の食物繊維」として注目されています。

 

この3つの成分は、腸内での発酵速度に違いがあると考えられています。

グラフの通り、フルクタンが一番早く発酵し、レジスタントスターチが一番遅く発酵します。発酵が早いということは、大腸に届いてすぐに腸内細菌のエサになると考えられます。逆に、発酵が遅いということは、すぐには腸内細菌のエサにはならず、大腸の奥にしっかりと届くということです。

食物繊維の発酵速度比較のグラフ

*豚の腸内容物による発酵速度:漸近値に達する時間の1/2時間
Souza da Silva, C.et al.I Physiology & Behavior, 110-111, 148-157(2013)
Barbara A.W.et al.:」ournal of CereaI Science 53, 53e58(2011)

レジスタントスターチは、発酵速度が遅いので、腸の奥まで届き、腸の奥にいる腸内細菌のエサとなることができます。

バーリーマックスはこのレジスタントスターチを多く含む「ハイレジ食品」と呼ばれる食品にあたります。

このようにバーリーマックスは発酵時間が異なる3成分を含むことで、大腸の入り口から奥まで幅広く、成分を届けることができます。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly