ビオリエ

  • ホーム
  • コラム
  • すべてはここから始まった、スーパー大麦「バーリーマックス®」開発秘話

コラム

すべてはここから始まった、スーパー大麦「バーリーマックス®」開発秘話

地球を2周して出会ったバーリーマックス

帝人株式会社では、2013年に「ヘルスケア分野の技術を生かした新規事業が出来ないか」というプロジェクトが始まりました。
米国の最優秀の科学者・研究者を集めたヒトゲノムの解析プロジェクト(2003年に完了)にかかわっていた科学者たちが一斉に腸内細菌の研究にシフトし、その成果がどんどん出始めていた頃でした。

 

「腸」が次に来る!

その発表の中で、人間の腸内には1,000種類以上の細菌がいて、それらの細菌が全身のさまざまな健康に関わっているとのこと。腸内細菌は、消化器系だけではなく、脳にも影響を与えるのではないかというのです。そして、その腸内細菌の活動に重要な影響を与えるのが、「食物繊維」だということを知りました。

帝人株式会社はもともと繊維のメーカー。この新事業プロジェクトにかかわっていたメンバーも、元は繊維の研究者でしたので、当時こんなことを考えました。

「腸内細菌はこれからもどんどん新しい知見が出てくるはず。これはチャンス!繊維メーカーであるテイジンが食物繊維を手掛けるのはありだぞ」

ということで、食物繊維に着目しながら新しい素材を探し始めたのが、この長い旅の始まりとなりました。東に「YY」ありと聞いたらすぐ飛んでいき、南「ZZ」がいいらしいと聞けば夏服を引っ張り出して南へと。
気づいたら地球2周していました。

世界中の多くの研究者とディスカッションを重ねていくうちに、一つのキーワードが浮かび上がってきました。

善玉菌が作り出す「短鎖脂肪酸」

 

ここまできたとき、目指すべき方向性がはっきりしました。

「短鎖脂肪酸」に着目して、改めて世界中を見渡してみると、オーストラリアで画期的な製品があることを知り、その製品が導入できないか検討を開始。
その製品は非常に画期的でしたが、様々なハードルがあったため、導入が難しいことが分かりました。がっかりしていたとき、その研究者が他の製品を紹介してくれました。

「短鎖脂肪酸に注目した新しい大麦がある」と

 

そしてついに
オーストラリア産のスーパー大麦

「バーリーマックス」

に出会ったのです。

 

 

ニュータイプ大麦「バーリーマックス」の誕生

スーパー大麦「バーリーマックス」は、『オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)』という機関で開発されました。
当時のオーストラリアでは、医薬品に頼らず食事で病気を予防することはできないか?ということから、10年かけて開発されました。

開発をはじめた1990年代後半、CSIROではアフリカのとある村の人々の健康に興味を持ち、彼らの食生活を研究をしました。すると、デンプン質のものを一度冷やして食していることが判明し、その際に発生するレジスタントスターチという成分に着目することになりました。

レジスタントスターチというのは、人が消化吸収しづらいデンプンのことですが、それを含む大麦をベースに改良を重ね、第3の食物繊維とも言われるレジスタントスターチが豊富な大麦を開発できたそうです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
  • ホーム
  • コラム
  • 腸のチカラを科学するー食物繊維の分析方法をご紹介