ビオリエ

  • ホーム
  • コラム
  • 「イヌリア®」の故郷はオランダ王室に認められたSensus社

コラム

「イヌリア®」の故郷はオランダ王室に認められたSensus社

  • 情報

帝人が取り扱う「イヌリア」は、オランダ王国Roosendaalに本社をおくSensus社(SENSUS B.V.)で製造しているチコリ由来のイヌリンです。

1995年に設立されたSensus社は、世界中にネットワークを有し、乳製品、ベーカリー、飲料、製菓など多くの食品分野のビジネスパートナーに、「Frutafit®」「Frutalose®」というブランド名で製品を販売しています。

オランダ王室に認められた「Royal Cosunグループ」

オランダでは1業種に1社ずつ、100年以上存続しその産業で重要だと認められた会社にオランダ王室から“Royal”の称号が与えられます。Sensus社はその称号を与えられて120年以上の歴史を有する「Royal Cosun」のグループ会社です。

Royal Cosunグループは、以下の5つのビジネスグループで構成されています。

  • ビート(甜菜:sugar beet)から砂糖を生産するCosun Beet Company(2020年7月より新社名、以前はSuiker Unie)
  • ジャガイモ製品に特化したAviko
  • イヌリン製品に特化したSensus
  • 果物と野菜のピューレ、ジュース等加工品のSVZ
  • 食品産業の廃棄物から有用物を得るDuynie Group

5つのグループの強みを利用して、サプライヤーでもある何千もの生産者(契約農家)と協力して、多くの人に利益をもたらすソリューションを提供しています。食品分野におけるR&Dに注力しており、Cosunイノベーションセンターでは乳製品、飲料、ベーカリー、シリアル、製菓、スプレッド、フルーツアプリケーション、スナック、ソースなど多岐にわたる専門的な研究開発を行っています。
その研究結果はSensus社にも提供されています。

あわせて読むイヌリアの原料チコリについては(チコリ・イヌリンの魅力的な効能。親しまれた食経験の歴史を紐解きます)のページで紹介しています。併せてご覧ください

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
  • ホーム
  • コラム
  • 控えすぎはNG?!糖質を知っておいしく炭水化物を摂ろう